English 教育学部TOP



教員の紹介

   教員名  職名  専門分野  コメント   HP
歴   史    藤森 健太郎  教授  日本史 【研究】古代国家の観念的秩序の構造と変遷を、儀礼的実践の検討を通して分析しています。特に天皇即位儀礼など、いわゆる、律令制期に生まれた儀礼の変遷に関心を持っています。
【一言】歴史を自分で掘り起こし、考えるチャンスを共有したいと思います。
 

石田 肇

 教授  東洋史
(中国史)

【研究】中国の宋代を中心として、前近代の政治・文化史、ことに思想史、士大夫論、史学史、言論史、金石学、書道史といった分野を対象としています。また、近代の日中文化交流史も対象としています。
【一言】東洋に関心を持ち、考えることは日本を再発見することです。

 
 松沼 美穂  准教授  西洋史
(フランス史)
【研究】19世紀末から第二次世界大戦までのフランス近現代史を、植民地との関係を視野に入れて考察することが、主な研究テーマです。近年は近現代史教育の国際比較にも関心を持っています。
【一言】遠い国、文化、人、時代への想像力を豊かにし視野を広げます。
 
地  理   熊原 康博  准教授  自然地理学 【研究】地形の変形から地殻の動きをさぐる変動地形学を専門としています。特にヒマラヤや日本の活断層を対象に研究しています。最近、街道と地形の関係にも関心を持っています。
【一言】フィールドワークから人の営みと自然環境の関係を考えていきます。
 my web
関戸 明子  教授  人文地理学

【研究】農山村をフィールドとして、伝統的な環境利用、歴史的景観の分析、文化的景観の保全・活用、ツーリズムと地域変容などをテーマとして、社会地理学・文化地理学の視点から研究しています。
【一言】『歩く・見る・聞く』を基本に、地域と人々の生活を考察しています。

 my web
公    民     斎藤 周  教授  法律学  【研究】 主な研究領域は労働法学・ジェンダー法学。特にILOや国連の条約等に示される国際基準の発展をその特性に焦点をあてて研究し、合わせて国内基準の現状を国際比較の観点をまじえて検討しています。
【一言】法律は、誰もが自分らしく生きられる社会をつくる道具です。
 my web
 山田 博文  教授  経済学  【研究】現代経済の主要な変化−経済のグローバル化・情報化・金融化に着目し、日本の経済システムの特徴について、欧米のシステムと比較して、実証的に解明しています。新聞の経済記事も取りあげ、その背景を探ります。
【一言】経済のしくみと特徴を知れば、世界がもっとみえてくるはずです。
 my web
 豊泉 周治  教授 社会学   【研究】J・ハーバーマスの社会理論を基に、現代社会の理論社会学的考察を行っています。近年は、現代日本の若者問題とデンマークの福祉社会について検討しています。
【一言】『学び』とは自分探しの旅。社会の探求が新たな自己発見であって欲しいと思います。
 
 村上 隆夫  教授  倫理学  【研究】古代から近代にかけての倫理学の変化を跡づける作業を中心的な課題としています。現在はプラグマティズムと現象学という現代哲学の提起する諸問題を倫理学的に研究しています。
【一言】倫理学を含む哲学という学問は言語に対する感受性を磨いていく学問です。
 
社会科
教育 
 宮崎 沙織  講師  社会科教育学  【研究】主に、社会科における環境教育のあり方を、北米の取り組みの分析を通して、研究しています。また、地理教育における人間環境と自然環境の関係性に関わる教育内容・方法にも関心を持っています。
【一言】子ども・地域・社会を大事に、これからの社会科教育を考究していきます。
 
 岩永 健司  教授  社会科教育学 【研究】社会科における歴史授業の目標・内容・方法に関する研究、並びに社会認識過程に関する研究を通じながら、社会科教育の理論的・実証的研究を行っています。
【一言】社会科授業のあり方を、真剣にそして楽しく考察していきます。
 


授業のカリキュラム

フォトアルバム


草津温泉 西の河原
 
 嬬恋 キャベツ畑
 
  日本史演習の授業
 
 教育実習の様子

 段丘の露頭観察 

ゼミ室の様子
 
 
教育学部体育大会

教育学部体育大会
 
 教育実習の様子
 
 
 教育学部体育大会
 
 甘楽町秋畑地区
 
 模擬授業での板書計画

  English 教育学部TOP 社会専攻TOP