ホーム入試情報大学院教育学研究科>専門職学位課程の理念・目的及び教育ポリシー
教育学研究科(専門職学位課程)の理念・目的

理念・目的

現在,学校教育は様々な課題を抱えており,しかも,学校教育にかかわる問題は,複雑・多様化しています。 そして,このように複雑・多様化の傾向は,今後も社会構造の変化とともに増加していくと考えられ,ますますの学校教育の混乱が予想されます。 こうした現状を打破するためには,学校教育の抱える諸問題に対応できる力量を持った教員の養成が急務です。

学校教育に関わる諸課題の解決には,単なる実践の積み重ねによる経験的な実践知だけでは充分な対応が難しく, これからの教員には,学校現場のおかれている状況や児童・生徒の現状などを的確に分析・把握し,その理解のもとに対応策を構築し, 他者との協働のもと実践し,評価・再考察できる資質能力が必要であると考えられます。

以上により,群馬大学大学院教育学研究科に,社会のニーズに応える高度専門職業人の養成に特化し, 学校教育現場の諸課題を解決できる高度な専門性と実践的指導力を備えた教員養成を目的として, 教職大学院(専門職学位課程教職リーダー専攻)を設置しました。
  教職大学院の目的は,具体的には学校教育に関わる課題に対応できる力量のある教員, つまり,①確かな指導力と優れた実践力・応用力を備えたスクール・リーダーの養成, ②新しい学校づくりの有力な一員となり得る新人教員の養成です。

なお,修了者には,教職修士(専門職)が与えられます。


教育学研究科(専門職学位課程)の教育ポリシー

1 入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

    ~このような人を求めています~
【現職教員】
教員としての使命を明確に持っており、,数年以上の教職経験を有しているとともに,1あるいは2に該当する人

1 授業実践や生徒指導に意欲的に取り組んでおり,勤務校において近々リーダー的な役割を担うことが期待
  されている人
2 勤務校においてリーダー的な役割を一部担っており,将来主任層,指導主事,管理職等として力を発揮する
  ことが期待されている人

【学部新卒者】
 次の二つの条件を備えた人
1 人間性が豊かで,教員志望が明確である人
2 教職に求められる専門的な知識・技術の基礎・基本を修得している人


2 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

    ~このような教育を行います~
 本課程では,以下のようなカリキュラムで教育を行います。
1 すべての教員にとって必要とされる諸領域をカバーする「共通科目」5領域(教育課程の編成及び実施,教科
  等の実践的な指導方法,教育指導及び教育相談,学級経営及び学校経営,学校教育と教員の在り方)
2 「共通科目」の中に本課程で独自に設置する「多文化共生教育」領域
3 入学したコースに応じ,より専門的に学ぶ「コース別科目」
4 学校現場の課題を研究し,自らの実践を通じて課題を解決し,報告書にまとめる「課題研究」
5 多様な校種の教育の実際を学び,教員としての力量を向上させるとともに,課題研究と密接に関連した実践
  とその検証・省察を行う「実習科目」

  さらに,こうしたカリキュラムをより効果的にするため,ほぼすべての授業科目,2年間にわたる課題研究の
指導,2年次に実施する実習の指導を,研究者教員と実務家教員とのティーム・ティーチングで実施します。


3 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

    ~このような人材を育てます~
 本課程では, 確かな指導力と優れた実践力・応用力を備えた中堅教員,確かな指導力を備えた有力な新人
教員を育てます。さらに現職教員・学部新卒者ともに,修了要件を満たした以下のような能力を身につけた者に
教職修士の学位を授与します。

1 学校現場の置かれている状況や児童・生徒の現状などを的確に分析・把握し,課題を明らかにする能力を
  身につけた者
2 明らかになった課題に対し,対応策を構築する能力を身につけた者
3 構築した対応策を他者(同僚,保護者等)との協働の中で実践し,その実践を評価・再考察する能力を身に
  つけた者


選抜方法

各専修・領域が定めた学力検査,面接等の結果を総合的に判断して選抜します。