ホーム>系・専攻案内>芸術・表現系>音楽専攻

音楽専攻

音楽専攻では、「音楽指導法」その他様々な学習を通して、義務教育及び高等学校で扱う音楽領域(幼稚園教育を含む)に携わる教師として、音楽全般にわたる技能向上と専門的知識を深め、指導者としての識見と幅広い人間性の育成に努めることを目的としています。

具体的には、ピアノ、声楽、オーケストラの諸楽器、ソルフェージュ、和声学、対位法、作曲法、音楽史、各科教育法、語学等広く学習するほか、定期演奏会、メサイア公演等を通して音楽経験を積むこともできます。

これらのうち、ピアノや声楽、あるいは器楽・作曲等の実技では、個人レッスンを通して教育現場に役立つ専門的能力の向上を図ります。また、特に基礎的な能力養成を目的として、合唱、合奏や邦楽器の実技指導などがなされます。

さらに音楽史や楽式論等の学習を通して、理論面における深い専門的知識の養成が図られるよう設定されています。