群馬大学教育学部同窓会会則

    第1章   総  則

第1条  本会は、群馬大学教育学部同窓会と称する。
第2条  本会は、会員相互の親睦を深め、あわせて教育の改善振興を図ることを目的とする。
第3条  本会は、本部を会長自宅に置く。
       (住所等は省略)
第4条 本会は、県下各郡市及び東京圏に支部を置く。

    第2章   会  員
第5条   本会員は、下記のとおりとする。
   1 普通会員
    (1) 群馬師範学校同窓会員
      ○群馬県師範学校卒業者その他これに準ずる者
      ○群馬県女子師範学校卒業者その他これに準ずる者
      ○群馬師範学校卒業者及び同校1か年以上在学の希望者
    (2)群馬青年師範学校同窓会員
      ○群馬県実業補習学校教員養成所修了者その他これに準ずる者
      ○群馬県青年学校教員養成所修了者その他これに準ずる者
      ○群馬青年師範学校卒業者及び同校1か年以上在学の希望者
    (3)群馬大学学芸学部・教育学部卒業者及び2か年以上在学者ならびに1か年以上在学の希望者
    (4)群馬大学学芸学部・教育学部臨時教員養成課程修了者・教育学部特殊教育特別専攻修了者
    (5)群馬大学大学院教育研究科修了者
   2 準会員
     群馬大学教育学部学生・大学院学生・特殊教育特別専攻科学生(ただし、普通会員を除く。)
   3 特別会員
    (1)現職の母校教官及び事務官
    (2)本会に対し特に功労があり、代議員会の推挙した者

    第3章   事  業
第6条   本会の事業は、次のとおりとする。
  1 会員の親睦共済に関すること。
  2 教育の振興に関すること。
  3 感謝・弔慰に関すること。
  4 奨学に関すること。
  5 その他本会の目的を達するために必要な事項

    第4章   役 職 員
第7条   本会に、次の役職員を置く。
    会長1名 副会長3名 書記、会計各3名
    支部長(支部長は理事を兼ねる)
    理事若干名(学部内理事若干名、支部選出理事は支蔀ごとに男女各1名)
    監事2名
    幹事若干名
第8条   会長、副会長、書記、会計及び監事は代議員会でこれを選出する。
第9条   学部内理事は学部内会員中から、支部選出理事は各支部において会員の申からそれぞれこれを選出する。
第10条  幹事は会員の中から会長がこれを指名する。
第11条  会長、副会長、書記、会計、理事及び監事の任期は2か年とし、再任を妨げない。
第12条  役職員の任務は、次のとおりとする。
    会長は、本会を統括する。
    支部長は、支部を統括する。
    副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその代理をする。
    書記、会計は、本会の書記、会計にあたる。
    理事は、会務執行にあたる。
    監事は、会計事務の監査にあたる。
    幹事は、会長の指揮を受け、会務を処理する。
    役職員は、その任期が終わっても、後任者ができるまでは職務を続けなければならない。
第13条  本会は、代議員の推薦により顧問を置くことができる。
    顧問は、重要事項について諮問に応ずる。
第14条  会長は、必要に応じ委員を嘱託することができる。

    第5章   会  議
第15条  会議は、役員会(本部役員会・理事会)、代議員会及び総会とする。
第16条  役員会は、必要に応じ会長がこれを招集する。
第17条  総会は、毎年春秋の2回これを開催する。
第18条  代議員は、各支部において会員100人につき1人とし、端数があるときは1人を増して選出する。
第19条  総会は、次のことを行う。
    春季総会は、代議員会をもってこれに代え、役員選出、決算・予算、事業その他重要事項について審議決定する。
    秋季総会は、感謝ならびに弔慰に関する規程第2条1項〜3項にかかわる事業を行うことを主体とし、緊急事項があるときはこれを審議決定する。

    第6章   会  計
第20条  本会の経費は、入会金、負担金及びその他の収入で支弁する。
第21条  入会金は1人2,OOO円とし、群馬大学教育学部・大学院・特殊教育特別専攻科入学時に本会に納入するものとする。
第22条  各支部は、毎年負担金として会員1人につき500円を本会に納入するものとする。
第23条  前条の負担金は、毎年4月末現在の会員数により算出し、9月末目までに本会に納入するものとする。
第24条  本会の会計年度は、毎年4月1目から翌年3月31目までとする。

    第7章   附  則
第25条  本会会員は、50人以上の賛成を得て本会則改正案を提出することができる。
第26条  本会則施行に関する細則は、理事会の議を経て会長がこれを定める。
第27条  会長は、必要に応じて支部長を招集し本部との連絡を図る。
第28条  本会則は、平8年6月22目から実施する。


    沿  革
昭和26年5月   28条、25・2・16を26・5・26に改正
   同    21条、100円を200円に改正
   同    22条、20円を60円に改正
昭和36年7月   4条、東京の次に埼玉を入れる改正
昭和37年10月   22条、60円を100円に改正
昭和40年5月   21条、200円を300円に改正
昭和46年5月   21条、300円を500円に改正
   同    22条、100円を150円に改正
昭和51年6月  5条、補足追加
昭和53年6月  第4章役職員に書記、会計各2名を加える
昭和54年6月  21・22条、500円を1,O00円に、150円を300円に改正
昭和59年6月  事務所の変更
昭和61年6月  総会毎年1回を2回とする
昭和62年1月  7条、書記・会計各3名とし、支部長(支部長は理事を兼ねる)を加える
平成3年11月  5条1(5)大学院修了者を加える
         5条2教育学部学生大学院学生臨時教員養成課程学生を準会員とする
         21・22条、1,OOO円を2,OOO円に、300円を500円に改正
平成6年6月  5条1(4),2,21条特殊教育特別専攻科に改正
平成7年6月  23条、9月末目に改正
平成8年6月  3条、教育学部に改正
平成16年6月  3条、本部の所在地を会長宅に改正

    感謝及び弔慰に関する規程
第1条 本会則第6条3項感謝及び弔慰に関して本規程を設ける。
第2条 本会員で次の項に該当する者があるときは、記念品を贈呈して感謝の意を表する。
1 教育事業に25年以上従事して退職した者
2 文化事業に関し特に功労ありと認める者
3 本会振興のために特に功労ありと認める者
4 長寿者
第3条 本会員が死亡したときは、弔辞に添え弔慰金10,OOO円を贈る。
第4条 特別会員在職10年以上で母校を去った方に記念品を贈呈する。
第5条 各支部長は、第2条または第3条の規定に該当する者があるときは、その都度本会に報告するものとする。

    沿  革
昭和26年5月 3条 200円を300円に改正
昭和28年6月 3条 300円を500円に改正
昭和32年7月 2条 3項を加える改正
昭和34年8月 3条 500円を1,OOO円に改正
昭和46年5月 3条 1,000円を2,000円に改正
昭和54年10月 3条 2,000円を5,O00円に改正
昭和56年6月 2条 4項を加える改正
平成4年6月 3条 5,000円を10,000円に改正