ホームニュース&トピックス-更新情報>在学生の方へ


【2017.02.07】

ロレッタ ホツキエネ教授(学部間協定校リトアニア教育大学)の来学について

ロレッタ ホツキエネ教授(学部間協定校リトアニア教育大学)の来学について

2017130()24()まで、2015年に学部間協定を結んだリトアニア教育大学から国際交流センター長であるロレッタ・ホツキエネ教授が来学されました。130日は、午前に国際教育・研究センター長および学長を表敬訪問し、午後は一般向けにリトアニア教育大学、教員および学生交流のエラスムス・プラスに関するご講演をされました。131日は、午前に附属中学校で英語の授業を参観し、午後は教育学部長を表敬訪問後、英語専攻生を対象とした「リトアニアにおける英語教育」という集中的なご講演をされました。21日は、正午にあらまきにて「まゆだまランチミーティング」に参加してリトアニアにおける男女参画について話題提供をし、午後は一般向けに「リトアニアにおける言語教育」についてのご講演をされました。22日は、午後にワークショップが開かれ、教育学部の教員がリトアニア教育大学で提供できる講義について説明をしました。23日は、総合情報メディアセンターでの打ち合わせを行いました。ホツキエネ教授はどのイベントにも精力的に臨まれ、どのイベントにも多くの聴衆を集めましたが、参加者も大いに学ばせていただきました。今回の訪問を機に、両大学の学生交流、研究者交流がますます発展することが期待されています。

ロレッタ先生講演時の様子はこちら

A Visit by Dr. Loreta Chodzkienė from Lithuania University of Educational Sciences

Dr. Loreta Chodzkienė, the head of International Relations Office at Lithuanian University of Educational Sciences, visited Gunma University from January 30 to February 4 in 2017 (the two institutions’ agreement since 2015). On January 30, she made a courtesy visit to the head of CIER and the president of Gunma University in the morning, and gave to the general audience a lecture on her institution and the Erasmus+ program for researcher/student mobility in the afternoon. On January 31, she observed two English classes at the affiliated junior high school in the morning. After meeting with the Dean in the afternoon, she gave to the English-major students an intensive lecture on “English education in Lithuania”. On February 1, she talked about the gender issue in Lithuania in Mayudama Luncheon Seminar at the restaurant Aramaki around the noon, and gave to the general audience a lecture on “Language education in Lithuania” in the afternoon. On February 2, there was a workshop in the afternoon, and the faculty members of the Faculty of Education talked about lectures that they can provide at Lithuanian University of Educational Sciences. On February 3, there was a meeting at the Library and Information Technology Center. Dr. Chodzkienė was actively involved in every one of these events and the audience in each event was so, too. Her visit surely advanced the collaborative and cooperative relationships between students/researchers in two institutions.