■趣旨

 日本学術振興会の人文社会科学振興プロジェクト研究事業として助成をうけて進めてきた「芸術とコミュニケーションに関する実践的研究」も最終年度を迎えました。本企画は、アートワークショップ部門(代表・茂木一司・群馬大学教授・美術科教育)の研究成果とりまとめの事業として、ダンスのワークショップ+公演、基調講演、シンポジウム、等を実施します。
 2004年の秋に始まった本プロジェクトは、「文化を語る子どもたち」をキーワードに子どもの表現の学びに関するワークショップの開発と実践及びその成果の社会的還元として展覧会ワークショップ・カフェの活動を行ってきました。
 今年度の企画は、ワークショップという学びの特徴である「学びの身体化」をテーマに、珍しいキノコ舞踊団のダンスワークショップとパフォーマンスを通して、「日常のふるまいやしぐさ」の学びの重要性について考える機会にしたいと思っています。
 とぎすまされた身体表現でありながら、そのモチーフが日常生活の中の行為から成り立っていること。また、ダンスでのふるまいが日常へと帰っていくことで日常のふるまいがすてきになるだろうと予感されること。これは、わたしたちがワークショップで大切にしたいと考えていることと共通します。日常のささいなことに光をあてて表現し、その経験により、新たな視点やふるまいを学ぶことが、ワークショップデザインの根底にあります。
 わたしたちグループのテーマとなっている「文化を語る子ども」とは、子どもが日常を語ることで文化が紡ぎだされる。すなわち、子どもたちは自らが日々文化を紡いでいるという存在であり、けっして文化を受容するだけの存在ではないという提案です。子どもたちはパッケージ化された文化を与えられる存在から脱し、日常を再表現することで文化を語っていくのです。珍しいキノコ舞踊団の表現には同じような要素や感覚が満ちあふれています。
 私たちのこれまでの取り組みは、「子ども」「芸術」「表現の学び」「ワークショップ」「実践」をキーワードにしています。それは、視点やふるまいを新しく獲得すること、すなわち、ある経験が身体化されることです。身体に直接働きかけ表現する、珍しいキノコ舞踊団のパフォーマンスから、「日常からの表現」や「身体化された学び」を再考したいと思います。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

■2009年124日[土]10:00〜18:00 

■会場=東京大学大学院情報学環・福武ホール 〒113-0033東京都文京区本郷7丁目3 - 1

    *福武ホール・イベント案内へリンク*

▼9:20〜
 受付
▼10:00〜12:00
 珍しいキノコ舞踊団のダンスワークショップ
 (定員 20 名:事前申込が必要・抽選)
▽12:00〜13:00
 昼食休憩
▼13:00〜14:00
  珍しいキノコ舞踊団のパフォーマンス
▼ 14:00〜15:00 
 基調講演:鷲田清一(大阪大学総長)
 「アートとコミュニケーション」
▼ 15:15〜16:15 
 シンポジウム「語る文化から しぐさの学びへ ーワークショップな学びとは何かを考えるー」
 1.文化を語る子どもたちとお茶箱プロジェクト(佐藤優香・国立歴史民俗博物館)、2.変身とアニメと〈なりきりえまき〉ワークショップ(下原美保・鹿児島大学)、3.ゆるやかな学びの場の創造-学びの繭から人茶workshop cafe@前橋へ-(茂木一司・手塚千尋/群馬大学・同大学院教育学研究科)(予定)
 司会:上田信行(同志社女子大学)
▼ 16:30〜18:00
 カフェ・パーティー
 (会費制:3000円事前申込が必要当日受付でお支払いをお願いします)
 アートとコミュニケーションをテーマにした上田教授のプレイフルな大人のパーティー

申込方法:氏名、住所、所属、emailまたは電話/FAX番号、ABCのいずれかの参加希望を明記し、emailFAX郵送でお申し込みください
A ダンスワークショップ+パフォーマンス+基調講演・シンポジウム+パーティー
B パフォーマンス+基調講演・シンポジウム+パーティー
C パフォーマンス+基調講演・シンポジウム
定員:ダンスワークショップ(20人、要予約・抽選)、パフォーマンス(80人、要予約)、基調講演・シンポジウム(180人、要予約)、カフェ・パーティー(50人、要予約)(※注意 パフォーマンスだけの参加はできません)
●主催 CAWC(Children’s Art Workshop Company)=平成20年度日本学術振興会人文・社会科学振興プロジェクト研究 事業 V 「文学と芸術の社会的媒介機 能」芸術とコミュニケーションに関する実践的研究・アートワークショップグループ
● 問い合わせ・予約申込先 〒371-8510 前橋市荒牧町4-2 群馬大学教育学部 茂木一司
           tel&fax:027-220-7310 email:jincha2008@yahoo.co.jp

  

■人茶カフェ2008ちらし表ダウンロード pdf

■人茶カフェ2008ちらし裏ダウンロード pdf